2019年10月17日木曜日

Encounter

高校の頃のバイト先の店主のお見舞いに行ってきた。
バイトでお世話になってたのは高校三年生の頃の42年前で、
会うのは20年ぶり。
四谷交差点の「きしめん尾張屋」さんの弟さんで、
ボクはその支店で調理のお手伝いを。
おかげさんで、今も薬味の葱は芸術的に切ることができるんだぜ、っと。

病室で、ふたりで「あの頃は良かったね」話で盛り上がっちゃったりして。
当時は気づかなかった思いも、今となれば大切なボクの原風景となっております。
店を畳んで5年、いろんな病を抱えながらも、
そのポジティブ思考にまた教えられました。

いつまでもお元気で。


最近、meiji THE Chocolateの「清らかに香る ジャスミンティー」がいい。
塩味な酒のツマミより、
チョコはそのモルトの味・風味をいちだんアップしてくれるのね。
最高の出会いモノなのだ。

指で割ってから、
明治時代初期に作られた備前焼の「煎餅皿」に乗せてみる。

「おお、いいじゃん」

お手軽だけど、なかなかセンスの良いのが無い煎餅皿、
スクエアで無国籍な良品を見つけたので入手した。
これも最高の出会いモンだぞ。


2019年10月15日火曜日

Bambi 

(豆腐屋に)入ったら、左手の壁を見てくれ。


先々代は、ロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch)の肖像画で脅かした。


ここ2年ばかりは、コレで漆喰壁を窓に見立てた。
1930年代のニューヨークのスーベニールなのね。

エンパイアステートビルジングを南南東に見る。


んで、Novemberから1958年のサンゴー陶器製バンビの記念皿にする。



へへっ、ちっとも奈良 美智にゃ負けてないでしょ!
レトロバンビでポップアートに打って出る。

裏書きには「入学記念 昭和33年4月」とあります。
ボクより7歳年長さんの記念品。

2019年10月14日月曜日

Garakuta

予約していた鮨店から、
「小野さん、延期しましょう」
と6日前にお電話を。
しょーがないよね、未曽有の台風だもの。
連休はくすぶっております。

んで、気になっていたアンティーク家具のメンテナンスをすることに。
やはり戦前の家具は、膠(にかわ)の接着が終わりを迎える部分もちらほら。
速乾性の木工用ボンドをまんべんに塗り、クランプ で押さえ三時間、
外れかかった木組みもキレイに収まった。
アンティークは手がかかるのが愉しみでもあり、難点でもありまする。

昨日アンティークの腕時計を3本、修理に出そうとお初の専門店に行く。
こればっかりは、ボクには手に負えず。
ホームページには木曜定休だったが、
なんテェこったい、行ってみたら臨時休業となってた。
出直して本日。
おいおい、営業時間なのにシャッターが閉まっているではないか。
2時間後にTELを入れたら、「1時間遅れで営業しました」と。
「それでしたら今からお伺いします」と伝えたら、
「本日は多忙で都合が悪い、、、」と言われちゃった。

なんじゃこりゃ!

こーゆー場合、運命的に相性が悪いんだろか?




2019年10月13日日曜日

1974

昨夜は唸るスマホと窓に当たる風の音で、寝ては目が覚めた。
さきほど家の周りを見回ってきたけど、
柿の葉が散らかっているぐらいで、19号はわが家から去ってくれた。
静寂に耳をすませば虫の音が。

連休です。


神保町の古書店で古いポスターを購入する。
デカ過ぎて、意に反してキレイに撮れません。

1974年の資生堂キャンペーン「赤い花みつけた?」のモノね。
 ボク15歳、印象的構図のTVCMが記憶に鮮烈に残ってます。
TVCMモデルは美形の典型、憧れのエミリー吉田嬢、
コピーライターは、「ゆれる、まなざし」や「時間よ止まれ、くちびるに」、
資生堂退社後はサントリーの「恋は、遠い日の花火ではない」など、
名作連発の小野田隆雄氏。
ポスターとTVCMでは違う女性に見えるけど、
ポスターの方は眉毛の薄さで内海ジュンさんか小関マリさん か?不明。
音楽は、後に「春うらら」でヒットを飛ばした田山 雅充氏です。

    

2019年10月10日木曜日

Sentimental

森山直太朗の「」がボクの十八番(おはこ)。
と言ってもカラオケではなく、
独りのときの鼻歌なんだけどね。

だから美濃 の作家、豊場惺也氏の 酒器を買う。

たまらなくセンチメンコな夜はコレよ。


真鶴から取り寄せた塩辛をスダチで割り一週間、ちょうど舐め頃に。


Plastic Age 

TVにザ・クロマニヨンズが出演してて、
皆が白髪頭の気のいい初老さんだったのにはおったまげ。

ありゃりゃ、、、


豆助と外呑み。
若い頃、街に繰り出せば必ず同世代の友人たちと会えたんだけどね。
最近はダレも見かけやしない。

若いモンたちが騒ぐ横を通り抜けながら、

「ケッ、つまんねぇの」と呟(つぶや)いてしまう。






『王様のアイデア』や70年代の少年雑誌(の片隅頁)通販をこよなく愛してます。
写真は再登場のクロンボミニフォークと、
ニューフェースのプッシーキャットマドラーなのね。






2019年10月9日水曜日

Out of season

強い風が吹いてます。
ご近所さんのどちらかで、季節外れの風鈴が乱打してます。
10月なのに、ブッツブツに蚊に刺された。
長女に「足の裏が臭い人ほど刺されるらしいよ」と言われ、
気になり書斎に戻って臭いを嗅ぐが、やっぱり臭くはないゾ。
世間でよく言われてるO型だから刺されやすいのか、
もしかしたら蚊にはボクの血は美食なのかも。

それにしても10月、季節外れなのに。




季節外れに氷コップを買う。
大正~昭和初期に作られたやつね。

季節外れだからボクのもとに。(オークションで対抗馬無し)
「うれしいねぇ、いらっしゃい」