2019年2月17日日曜日

Rakuchō


有楽町の チャイニィーズ資本の四川料理店に。
開店と同時に満席はとーぜん、それ以前には並ばないといけません。
安いだけじゃない、辛いだけじゃない、
クセになると言うより中毒に近いような旨さなんだもの。
ってことで、優先順位はこっちから。

昼食終了後に、
急いで東京国際フォーラム『大江戸骨董市』 に出かけた。
現着が昼下がりもいいとこでしたから、
隅から隅まで目を凝らしても面白いモノなどまったく無し。
なんてぇこったい。
ジャビーやタミゼもキライではないが、いまいちボクではないんだな。

祭りで根付けに代用したら面白そうな、
小さいブリキ製ピストルを二丁買って帰宅する。



Gankake

わが家の母も80代後半に。
年齢とともに穏やかなおバァちゃんなるだろう。
などと考えていたボクらは甘かった。
やさしい父はいちだんとエンゼルのような父になり、
過激な母はさらにヒートアップ、今も常にマグマが煮えたぎっておりまする。
老いとは言えど、、、

以前、ダレかが言っていた。
「八坂庚申堂の擂鉢百草が効くよ」と。
マジっすか、ジャスト彼女の干支は申だもの。
小さい擂鉢を頭上に乗っけて百草(もぐさ)を焚くと良いらしい。

京都に出向き、さっそく入手。

だけどコレが問題、
ダレが彼女の脳天でお灸に点火するの?

点火と同時に、怒髪天を衝くぞ。





けっきょく自分の頭上でアッチッチ。


2019年2月16日土曜日

Kyōhōbina

昨日は井戸の圧力弁と豆腐の包装機が同時に破損、
それぞれのスペシャリストに無理を言い、
短時間でどーにかこーにか元通りに回復を。

連休で一日少ない今週なのに、
バタバタせわしない一週間でございました。


一昨日は、書斎(BAR宗愚)への階段の電笠を桐柄縁金赤硝子に替えた。
明治時代後期の硝子製品です。
以前の乳白硝子より、ほんの少し赤が主張してますね。
35年前ぐらいに田舎の骨董屋で出会った電笠で、
今思えば当時に買っておいて良かったです。
この類、見た目以上に昨今は値上がりが。

配達途中によく通った店で、これも内儀に勧められて入手した品。
痩せた享保雛のようなお内儀と、
口角が円を描くように上がった「あんこ型」の主だった記憶。
内儀の「小野さん、ある時払いでいいから買いなさいよ」
「こんなの(買ったら)ダメよ」「解ってないわねぇ」
毎度、お茶を入れてもらって小一時間、
骨董のこと、現代陶芸のこと、歳時記のこと、いろいろ教えていただきました。

そっち方面の配達が無くなってからは行かなくなり、
道路事情も変わって今では場所も分からない。

ご健在なら百歳超えだもの、
たぶん、もう店は無いだろうな。



2019年2月14日木曜日

Rummy

バレンタインデーです。

この日がくると、ネガティブってしまう。
小中学生の男子が、クラスでの自分の立ち位置を知らされる日です。
また、女子は女子で一途な思いが届くとは限らない日でもあります。

バレンタインデーなんか大嫌いだぁ!
なボクでした。


以前、リーマンの友人が「バレンタインデーが怖い」と言っていたことを思い出す。
「義理チョコをもらえば、1カ月後はホワイトデーだから」と。
お返しは奥さまが用意するらしいが、
周りと比較するとショボさが目立ち、けっきょく自前で色を付けることになるって。

会社勤めの義理チョコは、女も男もメンドくさいモンですね。


ちなみにハイブランドショコラより、ボクはロッテのラミーがいちばん好きです。


2019年2月13日水曜日

Commemorative photo


 ふっと思う。
最近、家族写真を撮ってないのね。
ブログやインスタの写真は撮るけど、
家族の記念写真をすっかり忘れてる。
(家族との)生活の記憶はPCやスマホの中にしまったままで、
プリントもしてないもの。
いつでも何枚でも撮れる便利な時代、なのに開くアルバムが無いのだ。
今はデジカメもやめてスマホだけだし、
要らなくなればどんどん消去して、
ただ家族の写真だけは、不思議と消せないんだけどね。

友人がくれる年賀状は、家族で正装して写真館で撮ったモノ。
実直な友人らしい。

今年は夫婦で還暦だし、娘たちの七五三以来となる写真館に行くつもりです。
親の代からお世話になってたT写真館も廃業されてしまい、
さて、どうしたものやら。


2019年2月12日火曜日

Stationery

今日はコレクしてる文房具ケースの掃除を。
ついついデッドストックを見つけるたび蒐集してた文房具だけど、
収納場所も足りなくてねぇ。
外で暮らす長女の部屋を物置使いしてるけど、
顔を合わすたびに長女に明け渡しを突き付けられてるし。

だけどなぁ、処分もできないし、する気も無ぇーし、、、


ノスタルジアカラーってーの、
昭和20-40年代のセルロイド筆箱も学習帳もね。
現代じゃ無い色彩だな。



近々、中学時代の学年全体の同窓会があるらしい。
役員の人たちが、打ち合わせのたびに来店してくれる。
「小野くんもまり子(カミさん)ちゃんと出席してよ!」
と言ってくださるのだが、、、
あっ、カミさんも小・中学校の同級生なのね。




諸事情あって、あんまり出席したくない。
ましてや夫婦でなどもってのほかよ。


ヤバいじゃん。(ククク)

人に歴史あり、、、


2019年2月11日月曜日

Culatello

彦十女史からたくさんの干菓子をいただく。
それも『鍵善』の上等なモノを。
うれしいねぇ。
少しづつ皿にのせ、つまんで舌にのせ。

鶴と亀を福字の青磁に。


昨日、彦十姉妹と隣町の里山と地元の旧市街を歩いて散歩。

ありゃありゃ、一夜明けたら筋肉痛で大臀筋がピクピクと。
若いころのカモシカのような脚、最高級クラテッロのような尻時代が懐かしい。
バンテリンをモモから尻のエクボに塗って休養日とします。