2018年11月14日水曜日

Sky of those days

「たまにはノベルティでも作ってみっか!」
と、鬼も笑う来年のカレンダーです。

イラストレーターD氏による
浮遊感覚で時空を超えちゃうカレンダーなのね。

限定300部で。




11月は、あの頃の空なのね。
電気屋のじゃなく、ボクん家のカレンダーだからね。



2018年11月11日日曜日

Pudding à la mode

15年前まで配達をしていた大学病院のカフェテリアに。
自家販売だけで卸を一切やらないと決めて15年、感慨ひとしおです。
当時の病院食は病院直営で、
またそのトップが志の高い人でしたから患者も嬉しい病院食だった。
それに、一般人向けのカフェテリアもすべて手作りで美味かったもの。


15年ぶり、今は直営でなくなり、
大手業者によるカツカレーで昼に。
この病院で生まれ、慣れ親しんだ当時の味を憶えている娘たちも、
「あのプリンアラモードが懐かしいね」とそれぞれが。






萌えアニメマニアや少女趣味ではありませぬ、レトロ挿絵マニアです。
こーゆー昭和の郷愁イラストを見つける度、ついついコレクしてしまいます。
昭和20-40年代に一世を風靡した勝山ひろしのイラスト集でっす。
当時の少女雑誌「少女ブック 」の付録だけどね。

将来、何かの役に立つかもしれんし、
余白の広いアーティスティックなフレームに額装すれば、
それなりに弥生美術館級の展示インテリアになるような、、、
などと己のセンスに自画自賛。



G&M

ここんとこ、だいたい週にボトル一本間隔で呑んでいる。
だから安くて旨いモルトを探し出すことに余念がないのね。
今週はロングモーンに。あの「マッサン」の修行先です。
ここのストックもちょうどラスト一本だったので、
今回はゴードン&マクファイル 社のロングモーンが着地点で。
合うか合わぬか分からんが、出会いモンで肴はかぶら寿司を。
賞味期限も数日過ぎ、ちょっと舌がビリっと痺れ食べごろに。



熟成超過の発酵に酔い、
ロングモーンに酔い、
NHKの「SONGS」で酔う。

2018年11月7日水曜日

Dark clouds

昨日、近隣の飲食店や大型スーパーから取引の話をいただいたのね。
どちらもY屋食品さんの顧客と知ってたので経緯を聞くと、
「急な話で、Y屋食品さんが今月いっぱいで廃業することになりまして・・・」らしい。
と言っても豆助と2人で製造してる豆腐屋ですから、
手に負えませんのですべて断りしましたが、、、

今年は多いですねぇ、驚いてしまいました 。
30人以上の従業員を抱えて有名スーパーのPB商品など手掛けていたS食品さん、
そして昨日のY屋食品さんまで。(他にも大小さまざまな同業)
とくにこの二つの食品会社は優良企業にしか見えなかったもの。
両社ともにご近所故(ゆえ)驚いたのだよ。

こっちに来るな暗雲よ。
っつーか、小さい豆腐屋で好かった。
っつーか、吹けば飛ぶよーな豆腐屋だけど。






2018年11月4日日曜日

Charcoal

コストコの帰りは、毎度の米軍横田基地サイドのステーキハウスに。
数日後には入院のカミさん、
「とーぶん外出はできないだろーから、肉でも食うべぇ」ってこともありまして。
その割にはリーズナブルな店でゴメンネ。

夜はU.S. Air Forceで満席だったりするけど、
昼ならゆっくりできまする。


肉はやっぱり赤身に限るねぇ。
今日はU.S. のテンダーを300グラムで。
好い顔してるでしょ、この腕のゴ太いおにぃちゃん。
旨い料理を作る顔だよね。








Shall we talk

連休初日、関越自動車道下りは練馬から大大大渋滞です。
ボクらは上り、逆方向だからすいすいとブッ飛ばす。
んで、ボクとカミさん で日本橋高島屋の味百選で食材仕入れを。
猫まんま用鰹節、「やまつ辻田」の唐辛子、
漬物四種、練り物、金沢のかぶら寿司、関西の饂飩もろもろ。
最近は買う品も決まってるので早めに切り上げる。

丸の内のKITTEの香港 ウィーク2018に向かう。
連休だから45分待ちの行列モノだけど、
並んだワリに可愛い催事でおったまげ。
精巧なジオラマで香港気分に。





ついでにVIRON。


また須田町で豆花も。


今日は娘たちもどっかに出かけ、
カミさんとふたりです。


   

2018年10月28日日曜日

Antiques

いざ、数年ブリ(10年ブリぐらいかな)に地元の骨董市へ。
軍資金 の1万円をコンビニのATMで調達し、
途中、ここんとこブログに登場する遊郭跡を抜けて骨董市会場に。

まだこんな妓楼建築も数軒残ってます。





残念なことに、
会場を周回すれど欲しいモンが無いゾ。
リサイクル品と半端モンとバッタモンと疵モンとパチモンがほぼ全体を占めているし。

25-30年前は骨董市だったけど、
らしい品は出尽くしてしまったのかな、これでは骨董市ではないでしょう。
掘り出し物を探す楽しみも、やはりネットの時代なんだろね。

でも、せっかく来たからには一つでも買いたい。
昔、アルフィーの坂崎幸之助氏を毎月見かけたガラス専門店で買うことに。
店主曰く、「骨董でつながった友人なんですよ」と。

断捨離意識など毛頭ないけど、もうこれ以上増やしたくないのも事実、
なのに今更ながらラッキョウ型の地球瓶と、
昭和30年代のゴブレットを買ってしまった。
まぁ、値切ってみたら予想以上に安くしてくれたモンね。
サンキュです!

来年の夏、この中でランチュウが泳ぎます。