2022年12月3日土曜日

December 2022

本日、2023のカレンダーが出来上がって来ました。
お取り寄せでの顧客様には発送の荷とともに、ご来店での顧客様には12月5日より店舗にて配布させていただきます。数に限り(250部)がございますので、よろしくお願いいたします。




日々の食卓で利用していただくのが豆腐屋としての本望ですが、当店のお客さまの約3割は飲食店様で、自宅用でのお客様はやはり3割に留まります。あとの4~5割はギフト利用でのお客様で、来店時に「手土産を探しても今どき2~3千円では何にも無いのよ、だからお豆腐は助かるわ」と言われます。

今どきの2千円かぁ・・・・・

この時季(12月限定)だけのセットをやってます。ハイパー豆腐4種から3丁選んでいただき、豆乳2種(秋田みどり種と安曇野ナカセンナリ種)をギフト袋で。サーヴィス価格にて¥2,000でいかがでしょうか?(限定豆腐ですので、出来ますればご予約でお願いいたします)

どうぞ、得意満面でお相手様に。










2022年11月29日火曜日

Negoro

もう四半世紀も前のこと、器関係の雑誌で夏目 有彦氏を知りました。それまで本漆器イコール家庭用ではなく、茶懐石や日本料理店用の器であるものと思っていました。ところがその頁の氏の器は違ってましてね、武骨で荒々しく、野武士(見たこと無いけど)の様な漢の漆器だったのです。猪肉でも芋の煮っころがしでも大盛りの糧御飯でも、どーんと包み込んでくれるような豪快さと懐の深さを印象として受けましてね。それと氏の風格溢れた風貌と皮膚と漆が一体化した掌、それ以来、木曽の夏目 有彦・作の器が気になって気になってしかたがない。しかし若かったボクには入手する手段も資金もありませんでした。2000年に62歳で夏目氏没する。






四半世紀が過ぎ、ご縁で夏目 有彦・作の根来大鉢(径42cm)とつながりました。茶道具商で出会ったそれは、個展のリーフレットとともに真綿と包まれて桐箱に。長い時をどこかで眠っていたような美品です。

思わず抱きしめましたよ。



2022年11月27日日曜日

Light of Meiji

今朝、夜明け前から赤坂の豊川稲荷さんと築地の波除稲荷さん近辺をウォーキングする。家内安全・商売繁盛もろもろ、いつもわが家を守ってくださります。んで、ボクなりの信仰心から感謝を込めまして定期のお参りを。
もう東京もすっかり紅葉も終わっているだろうと考えていたら、最後の最後に黄色いイチョウが落葉の真っ盛りでございました。波除さんで落ち葉に隠れた銀杏を踏みつけてしまい、帰路での車中がヤバい状態に臭いを放っておりました。今もまだ臭い。


昨夜から階段の照明を冬用に暖色で。30数年前に田舎の骨董屋で購入した品です。金赤縁にサンドブラストで桐に鳳凰をあしらった明治期の電笠なのね。毎年これに替えるとき、師走(冬)の到来を感じます。

Worth

最近、ボトラーズのモルトを購入しようとしてもなかなか買えないんだよなぁ。マッカランを筆頭に、アードベッグもボウモアもラフロイグも。オフィシャルはあるのだが、ニューリリースが少なくなっている上に、ボトラーズやオフィシャルでも限定品は入手が難しくなってるのね。なのに発売日が過ぎるとオークションで高額出品されてる現実。んんん、、、分からなくもないが、ボクらは呑むことに興味があるので、利殖利用アイテムとして購入する人口が増えると困ってしまいます。コロナ禍以降、ロレックス化しちゃってねぇか。


んで、やっとこさアードベッグ コミッティーストア限定のハイパーノヴァをご購入。でも規定でお一人様1ボトル限定ではねぇ。いつもなら複数購入して、お気に入りは後々用に取っておくのだが。もったいなくてなかなか開栓しづらいぞ。こっち(スコッチ)も適正価格から怪しい方向に行っちゃってる気がする。建前上は転売禁止でも、ヤフオクには倍価で大量出品されてるし。そして数年も寝かせりゃまたその倍だもの、変なの。

箱代¥550っつーのも変じゃね?さすが親会社がLVMH(ルイ・ヴィトン)!




2022年11月25日金曜日

Akumu

酒癖の悪い同級生と高級クラブに飲みに行き、その同級生がワイン代の支払いで店とトラブルを起こして、旧知のママやホステスさんに平謝りする悪夢で目が覚めた。実生活ではそんな高級クラブなど行ったことなど無ぇーし、その同級生とは二十歳の同窓会で飲んだ以来会ったことも無ぇーし。ただその同窓会で(彼が呑み過ぎで)揉めたヤツですが。「小野ちゃんが悪いワケではないから気にしちゃダメよ」と手土産までくださったクラブのママは野宮 真貴でした。

目が覚めたらセネガルとクェートのワールドカップが大きい音声で流れっぱなしのボクの書斎で、バクバクの血流と強い暖房での汗っぽい身体を落ち着かせるのに多少の時間を。

作りっ話じゃないよ。たった今のコト。
夢は良き夢でも悪夢でもすぐに忘れてしまうので、記憶鮮明なうちに書き留めました。

んで、写真無し。

2022年11月23日水曜日

I’m 63 years old.

交差点の信号待ちで止まった場所は、たまたま小中学校の同級生の自宅前でした。フと見上げたら定年を迎えたであろう同級生がベランダで洗濯物を取り込んでいた。中学を卒業して以来会うことも無かった同級生、在学中も付き合いは無かったけど、その半世紀後の元気な姿になんでだか安堵したりして。元気でなにより。
親を見送るヤツもいれば再婚をしたばかりのヤツもいる。今日も長女と買い物に行くと、孫を引き連れたヤツとも遭遇するし。63歳、まだ当分は自分たちの終活は遠いかな。六十にして耳順い、六十にして立つ、肉体はガタガタだけど。




つい最近に入手した昭和初期のノリタケ製の皿と、戦後間もなくの頃のブルーウィローのデミタスなのね。どちらもデッドストックです。大した品ではございませんが、この類は出会いの度に購入してしまい、ついつい食器棚か倉庫に補充してしまいます。断捨離どこ吹く風。
美術絵葉書は1930年代当時の品で、東郷青児氏の初期作品のです。

2022年11月22日火曜日

2023 Sample

アっという間に11月も後半に。コロナも落ち着いたんだか悪化の方向なんだか分かりません。けっきょく今年もコロナに翻弄された一年でしたが、来年こそはと、来年こそはと、願いを込めてイラストレーターD氏とカレンダーを製作中でございます。
2022も残り少なくなりました。お客様に一年の感謝と次の一年の日々の笑顔を願いまして、こんなCDサイズのカレンダーでございます。ヘヘ、片頬で笑ってください。

ご贔屓様やブログやインスタ繋がりの方々の分は確保してるつもりですが、ご存知のように隅から隅まで行き届けないボクです。配布時は告知いたしますが、去年は追加分も含め3日で終了しましたのでお早めにお願いいたします。またお取り寄せでのお客さまには、荷箱の中か別便にて発送させていただきます。

写真はカラーサンプルからの2023のMarch&November。実際はもっと発色が良いです。