2020年11月27日金曜日

From kyoto

嘘をつく人と嘘をつけぬ人、つく人はその会話すべてに嘘があり、つけぬ人はその場面で会話が止まります。最近やたらと嘘にまみれてまして、「ああ、この人はまた嘘で語ってる」と思いながらも微笑みを絶やさずその場を切り抜けます。そーゆーボクも嘘つきですから。

人間だもの、、、

京都の骨董屋より戦前に作られた10個のリキュールグラスが届く。このグラスにはコレかなと、シャルトリューズ (Chartreuse)を注ぎます。薬草の香が立ち昇りアルコール55度がトロリとゆっくり喉を落ちます。指につくとべとべとですぞ。
つまみは偶然同じ日に京都から届いた村上開新堂さんのクッキーで。こちらはドライ系で甘さも少な目、ボク的にはナイスな間柄かと納得。検索したら入手困難な品とのことらしいが。

料理人の出町桝形の今西 信之氏、いつもいつも感謝いたします。





2020年11月24日火曜日

Celluloid

ご近所さんが続けて2度も空き巣に入られましてね。またつい先日、やはり近所の空き家も泥棒に荒らされたらしいです。パトカーが数台来ておりました。物騒ですねぇ。わが家の前の街灯も消えたまま十数年、漆黒の闇夜は魔物が潜んでいるような気になります。数度ほど川越市役所さまに陳情はしたのだけど、梨の礫(なしのつぶて)で困ったモノでねぇ。もうすぐ師走、皆さま泥棒には気を付けましょう。





セルロイド製文房具愛歴45年です。なので困ったぐらい手元にありまして、かと言って手放すこともできません。けっきょく段ボールに詰め物置に。さよなら前にほんの数点で記念写真を。プラスティックほど丈夫ではなく、床に落とせばすぐ割れてしまうセルロイド。象が踏んだら壊れます。独特な匂い(昔のピンポン玉のような)を放ち、和絵具のような発色も美しいです。昭和の20~30年代に葛飾辺りで作られた品なのね。もちろん本来の筆箱として使ってますが、筆箱は眼鏡入れ、裁縫箱はレターケースや小物入れとして机上に。

オっさんは、意外に可愛いモン好きです。






2020年11月20日金曜日

St. Andrews

ボクはゴルフはやりません。詳しいルールも知りません。なのに『名門カントリークラブ』グッズマニアです。こいつらで呑むと酒が美味いのよ、ホント。不思議とセント・アンドルーズの風を感じるんだぜ。(⁈)

今宵は『桜ヶ丘カントリークラブ』のグラス(KAGAMI CRYSTAL CO. LTD.,製)で、つまみは『霞ヶ関カンツリー倶楽部』の50周年の記念皿( 1979年・KORANSHA Co. Ltd.,製)に。第48・49・50・51代内閣総理大臣・吉田茂氏が愛した大磯のはんぺんを御刺身でね。
最近は家呑みが多くなったことにより、お取り寄せの出費が増えとります。そこは着払いってことで、「後で払うよ」と言いつつ薄らっとぼけます。かーちゃんゴメン。










2020年11月19日木曜日

2020/11/22・23

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 来週の月曜日は勤労感謝の日で御座います。誠に勝手ではございますが、2020年11月22日(日)と11月23日(月)を連休とさせていただきます。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。




誰かを誘っての呑みも食事も今は無いけれど、唯一カミさんや娘たちとは楽しむことができます。コロナ禍で、あらためて想う家族のありがたさを。なんてね。らしくないか。

2020年11月17日火曜日

Faint in agony

超ド級のぎっくり腰になってしまいました。原因分からず、起床したら腰砕け、少し歩けば腰砕け、荷物を持てば腰砕け、ちょっとの段差で腰砕け、腰に力が入りゃーしねぇ。
いつもの鍼灸師はコロナが落ち着くまで休業らしいし、仕事で(痛さを)忘れるしかねーかな。

動くたびに痛さで息が止まる。今宵は書斎で固まってます。





2020年11月16日月曜日

Oyster

友人のfbでの牡蠣南蛮の写真に刺激され、カミさんとボクは銀座の名月庵 田中屋さんに出向く。ここはそこそこ高い。ここは蕎麦のポーションめっちゃ少なめ。でも、ここはそれなりに美味い。牡蠣南蛮蕎麦は2,180円です。んで、中2個、小1個の3個の牡蠣でございました。「もっと食いたい」ぐらいが好い塩梅らしいが、、、もっと食いテェ。


日本橋と銀座で食材を調達し、ソーシャルディスタンスに気を付けながらウインドゥショッピングを。それにしても上記のどちらも人出が多い。中にはスマホで目的地を探している若いグループの旅人さんなど、GoToトラベルらしき人もいーっぱい。




2020年11月11日水曜日

Go To


コロナに対する温度差の問題なのだが、、、、、

このコロナ禍で、困ったことに88歳の母の元を訪ね来る(母の)同級生がいるのね。それも年中家族一同(3~4人)で。ときに「スーパーで弁当を買ってきたから、ここで食べさせて」とか「川越観光に来たから寄ったのよ」とか。先週も来て今週も。以前はやんわりとお断りしていたのだが、2度ばかりはピシャリとボクと同世代の娘さんにも注意をしたのだが、、、なのに来る。先週、母自身も迎え入れてしまったことに後悔したらしく、さすがに今日はインターホンにも対応しなかったみたいです。

家族を守る。当たり前のコトなのだけど、母の顔もあることなのでねぇ。

きっと「あの家は息子に問題があるね」ぐらいなこと言われてるんだろうなぁ。(悲し)