2019年6月16日日曜日

Workshop

シニアなダンスレッスンに通いたいのだけど、
シニア用は社交ダンスかカチコンコチン体操みたいなモンしか無いのかね。

アクロバチックは無理だけど、
70年代に「ツバキハウス」で鳴らしたオレですよ、
けっこうまだまだキレッキレにいけると思うんだけどなぁ。

Ruuさん、先が無いジジイ(シニア)にもレッスンしてくれないかな。

    

生き返るとはこのことよ。
銀座千疋屋にて、マスクメロンジュースとバナナローヤル。



Food Education

瀬戸内寂聴 さんの肉食な食生活は有名ですが、
長生きの秘訣は肉食が良いのか粗食が良いのか?

カミさんの親戚に精肉店経営がおりまして、
それこそ100歳近くまで超元気に生きられたオジさんやオバさんなんだけど、
どんな食材より肉が好物で、魚類など一切口にしなかったのだ。

それに対して我が母親なのですが、
365日「あたしは御飯にお新香だけあれば良い」と言う人で、
あきれるほどお茶漬け人間なのね。
だけど、90歳近いのに一切お医者さまのお世話になってないのも事実なこと。

まぁ昔からこんな食生活ですからね、
おかげさんで、息子や娘たちが貪欲な「食」の求道者になったのかもよ、とも。

「食」は愉し。


お客さまから真竹の筍を頂いたので、 豆助の朝食用に冷製おでんを。

前の晩から、
素材ごとに、昆布出汁、鰹出汁、両方半々の三つの鍋に煮浸しにして。
小うるさい豆助には、いちだんと柔らかい穂先を吟味して。



2019年6月15日土曜日

Highland Park The Dark 17 Year Old

豆助と夕飯を。
チェーン店のエキナカ中華で、皿メンマと麻婆とタンメンを肴に瓶ビールを。

今週はしんどかったねぇ、珍しくブログ止まったモン。
ほんのちょっとした人手不足なんだけど、
それが豆助とボクの体力を知らず知らずに、、、
とか言いながら、豆助を帰らせ独りでBARに流れる。

明日は土曜日、少し夜更かしをしてもダイジョーブでしょう。
サマローリのアイラヴァテッドからアードベッグ、三杯目はハイランドパークに。

墜ちる。






やらなきゃいけないコトが山積みで、何から手を付けてよいのやら。
上手く立ち回らなきゃいけないのだけど、もう定年年齢だもの、
無理なことは無理ですから消去法で解決を。

針でも打ちに行くかな。

    

2019年6月9日日曜日

Munmun mure mure

今月の暑かった前半が過ぎ、いよいよ梅雨に突入のよーで。
ボク嫌いです、湿気の梅雨は。
仕事中は厚手のビニール製胸当て付き前掛けですもん、
むんむん蒸れ蒸れで暑いのなんの。
無糖もしくはノンカロリーの飲料をガブ飲みで乗り切ります。



今日は食器棚を夏仕様に模様替えする。
毎年同じことを繰り返してはいるけど、
使う器は決まってまして、買ってからまったく使わない器もごっそりと。
今回は頻度の高いモノだけを緩衝材から開封をしました。

久しぶりに故・白石 和宏さんの鉢を出してみる。
24年前ぐらいに、東銀座にあった『工芸 いま』さんの個展で購入したモノね。
38歳で夭逝される二年前ぐらいだったような記憶。
鎌倉山の料亭『檑亭』に窯場があり、
由比ガ浜や材木座海岸近くに住まわれてたせいか、
鉢底には『石蟹がガサガサ横歩きの図』。

カミさんも今週は再検査(人間ドッグみたいな)で今日は独り呑み。
毎度の真鶴から取り寄せた干物を炙って。





2019年6月2日日曜日

Zagin

美男薄命か?

先週の月曜日、仕事を早めにまとめて大学病院の心臓内科に。
まぁ今回は問診程度で、レントゲン、心電図、採血をして、
ニトロの舌下錠をいただき、次回にやる半日拘束の検査の日程を決めてきた。
少し痩せればよいのだが、食欲がなかなか言うことを聞いてくれませぬ。



日曜日の昼食は、久しぶりに同業者の友人とふたりで会食を。
交詢社ビルの銀座・寿司幸で「おまかせ」を食う。

急なことで予約もせずに扉を開けたが、
気持ちよく迎えられ席に着く。
先代の職人は気難し屋さんだったが、
今の方はお客を愉しませる器量がありますからね。

さすがワインに造詣が深い杉山氏の店らしい、
ここは生ビールさえも最上旨い。
スペシャリテの椎茸の握りは無かったけど、
貝類とヅケの旨さは秀逸でありました。

老舗の余裕っつーか風格、良店です。







昼食後、ユニクロで『エンジニアド ガーメンツ』とのコラボポロを大人買い。
実際、本家にはボクのサイズがありませんからね。

へへ、それなりに『エンジニアド ガーメンツ』のイメージもあり、
メチャメチャ安いのだもの。

Happy and lonesome

どーしたことでしょう、
昨日は来店の複数のお客さまから差し入れを頂戴したのね。

和菓子がお二人、好物の菊水堂のポテチや話題のお出汁、
お野菜から鰻の蒲焼などなど、
嬉しい限りでございます。

六月一日から当店も値上げに踏み切ったと云うのに、
その当日になんだか申し訳なくてねぇ、
日々、お出でいただくお客さまに感謝でございます。(本当です)

写真は南青山の鰻店・大江戸さまからの蒲焼(三串+α)です。


ボクが店番の時間帯に、
来店の地元の製麺所の社長から乾麺を頂戴した。
いつも明るく少々のガキ大将要素もあり、
年齢は70歳だけど、とても愛らしい先輩であります。

いつもの笑顔で唐突に、
「先月で商売を畳んだから、最後の乾麺だけど食べて」と。
驚くボクに、
「もう年も年だし、こんな時代だから」と続けて彼が。
先々代から三代、90年の商売に幕を引いたとのこと。

こんな時代だから、、、


寂しいねぇ、
この街から、また老舗の個人商店が消えてしまった。



2019年5月29日水曜日

Yamamura kōka

グェッ!

ヤフオクで久々にやられちまいましたよ。

役者絵(浮世絵)のつもりで落札した紙モノが、
届いてみたら、ただの、ほんとにただの紙切れ以下のシロモノなのだ。


ボク、ドブにお金を捨てました。



しょーがねぇーや、
モヤっと感を打ち消したのは自分だもの。

ちっ、十一世片岡仁左衛門も笑ってらぁ、、、




写楽は買えんが、近代のこの人のならまだまだ。

2019年5月28日火曜日

Sotobori dōri


店用の香を松栄堂で買いがてら、
『銀座ウエスト』でバナナサンデーをついばむ。
ここは品の良い淑女たちが多い。
スプーンを持つ手も小指が立ってるし、
運ぶお口もなんとなくオチョボになってるような。
そーゆーお客が多いのか、はたまた店がそうさせるのか。
流れるクラシックに聴き入ってるフリしながら、
残り少ないクリームソーダの底を音を立てずに啜(すす)るボクです。

こー見えて気遣い屋さん。

2019年5月26日日曜日

Ikebukuro nishiguchi


スマホ片手に猛暑の池袋を彷徨う。
池袋西口は、まだまだ戦後の痕跡が残る地域ですね。
そして今、ここは中国系の言語しか聞こえてこない街です。


台湾フリークの次女に誘われ『新珍味』に行く。
オーナーは百歳の現役の台湾人革命家・史明氏とのこと。
(ボクは無知故に知らんかった)


この店が闇市時代からの台湾人活動家たちのアジトとは。
なんだか分からんが、ワクワクしてしまうボク。
『台湾独立運動』『地下工作活動』『ヒマワリ学生運動』『日本赤軍』
『池袋モンパルナス』『熊谷守一』『長沢節』『蔡英文総統誕生』・・・

狭い階段を二階に上がり、
次女はターロー麺と餃子、ボクはチャーハンと冷やし中華と餃子を注文して、
ついでに冷えたビールをゴクリと。




意外、
思っていた以上に優しい町の中華でした。
ただし、ターロー麺はニンニクが強ーーー烈だよ。

2019年5月25日土曜日

Rakuhoku

5月に猛暑日なんて、、、
やばいね、今年の盛夏が思いやられます。


うれしいねぇ、
本日の夕暮れ時、京都洛北から団扇立て が届いた。
先日、『京の竹 松井竹材店』さんに注文した品です。
じつに端正な姿で、団扇無しでもじゅうぶん美しいではないか。

今年は『牛十図』団扇を夏の室礼にしたかったのだ。
以前、近江の骨董店で入手した手描きのやつね。
禅の修行によって、高まりゆく心境を十段階で示したものです。
いかがなものでしょうか、夏風情も好いものでしょ!

藪入りまでの室礼です。



来週は循環器科検診です。
「転ばぬ先の杖」ってやつで、
心配してくださった親しいお医者さんの手配で大学病院まで。

トマトジュースでリコピンは摂取してきたのだけど、
バクバクのドッキドキよん。

2019年5月19日日曜日

Engakuji

事情により、いつもとは違う 逆方向の『藤沢駅』から江ノ電に乗る。
天気予報では曇天だった日曜日は、こんな感じの好天に。
若い子よりも、中年からボクら世代のサーファーが多いみたいですね。
AM8:00を過ぎる頃には皆海から上がり、
バイクや自転車にボードをくくりつけ去ってゆく。
たまんねぇ、かっこいいなぁ。

ボクは稲村ケ崎温泉でヌーディなおじさんになる。
根昆布出汁のようなヌルみのある湯は浮力もあるようで、
油断をすると臀部がぷかぷか湯に漂います。(📷NG)




小学校の修学旅行以来の大仏さま。
ここも日本人より欧米人が多い。
いつまでも手を合わせ祈る白人に、なにか旧き日本人を見るような。

由比ガ浜を見下ろせる、小津安二郎氏の通った中華料理で昼食を。
想像していたより満足度200%、サーヴィス、室礼、料理満足。

タクシーで鎌倉山の『House of Flavors』まで。
あのホルトハウス房子さんの店ね。
数年ぶりにグラハムクラッカーのチーズケーキを購入する。











そして最終目的地の円覚寺に。
戦前に得度した父の名前を確認すること。僧籍を。





おやじ、あったぞ!

2019年5月17日金曜日

NERI

昨晩、十数年ぶりに煙草を吸う夢を見た。
吸いたいなどと思いもしないのにね。
夢の中で自己嫌悪になってるし、
目が覚めてから正気に戻るまでもそんな感じで。

嫌煙家ではありません。

んで、夢占いを検索すると、、、

<<タバコの夢を見るのは、 現実に強いストレスを感じていて、  
  それを発散したい気持ちのあらわれと言えます。
  また、不摂生な生活習慣への警告の可能性もありますので>>


💀💀💀💀💀



新商品のパッケージが出来てきた。

てっ、天使のオレ!

うれし、、、






2019年5月12日日曜日

Marriage

噂には聞いてはいたけど、縁結びの神は日本に限らず各国の女子を呼んでます。


20歳で我が店に来て、
17年後の今日、薫風抜ける鎮守の杜で豆助が結婚式を挙げました。

おめでとう。


Dawn

暑かった昨夜、うっかりエアコンをつけたまま寝てしまい、
先ほど寒さで目が覚めました。
んで、ただ今熱々の風呂で生き返りを。
太目の暑がりなのに、一度冷えるとなかなか元に戻らない。

少し暖房で部屋を温めて、缶酎ハイでユルリな時間を。


2019年5月11日土曜日

Seven changes

Tさんは呑み上手な先輩、
たまーに酒場で会っても、呑み方も会話も切り上げ方もキレイな漢です。
今日の来店時、「最近はどこで呑んでるの?」と聞けば、
「孫が増えたら、そっちの世話で外に呑みに行くことも無くなったよ」と言う。

Sさんは70代に突入した呑ん兵さん。
高校・大学もその後の職場も都心で過ごしたあか抜けた先輩で、
リーマン時代は荒木町を根城にして、
「酒のなんたるか」をじゅうぶん知ってる御仁であります。
そんなSさんも家呑みが多くなり、
「年なのかな、酒量が減ったよ」と言う。

ここんとこ、
「街に繰り出しても若い子の店ばかりでつまらん」と嘆くことが多かったけど、
夜の社交界も世代交代してるだけのことでした。

静かに景色が変わってゆく、、、
ちと寂しい今日この頃のボクです。



元は小さい湯呑茶碗だけど、
酒を呑んで、茶碗はどんどん化けました。
七化けした萩は酒器でも好いし、
筒型の覗き猪口として酒肴を落としたりしても愉しです。



2019年5月10日金曜日

Darkness

今朝、我が家のごみ集積所が猫に荒らされて酷いことに。
一般ごみと違い、業務で出たごみは夜間に収集にお出でなります。

猫ちゃん、夜陰に乗じやがったな。

残ってしまい申し訳なくも廃棄した白あん最中(モナカ)、
その残骸が散乱した路上掃除が朝一番のお仕事となりました。
それにしても皮を食べずにアンコだけきれいに食べる猫がいるなんて。
食べてもいいから皮も食え、もったいネェだろ。

猫のことは言えませんネ、ボク。


久しぶりに照明器具を購入する。
古い洋館の廊下を照らしてたブラケットと電笠です。
骨董屋曰く、紡績関係のお大尽宅にあったライトらしい。

以前に入手してた照明と同時代で、少なくも時代は戦前のでしょう。
たぶん大正時代かな。
暗闇にこれが1つ点いているだけで、なんとも言えない穏やかな感じになりますぞ。


2019年5月8日水曜日

Nappa

親戚も皆代替わりして、
伯父も伯母も鬼籍には入ってしまったり介護施設に入所したりで、
気が付けば縁も薄くなってしまいました。
届いてた季節季節の作物も来なくなり、
その季節になる度、あの味が恋しくなるばかりです。

この季節、からし菜の漬物も懐かしい。
それも畑栽培のではなく、土手で摘んだ野生の方ね。

食いテェな。


直売所にうる抜き大根があったので、
自分で漬けてみた。
鼻にツーンとくるからし菜とは違うけれど、
青菜のつよい香りとしょっぱさでお茶漬けに。