2020年5月24日日曜日

Restart

加齢のせいか夜中にトイレに2度3度、これじゃノコギリヤシのサプリを飲まんといけないか、と心配になる。たまたま昨夜はいつものビール(500ml×3)を飲まないで寝てしまったら、一度も目覚めることもなかったでっす。今までが水分(アルコール)補給が多すぎたのね、気を付けます。

夜はエアコンをつければ寒さで目覚め、止めれば少し汗ばんで目が覚める。けれど日中は過ごしやすい5月ですねぇ。今日は晴天だけど、窓を開ければ気持ち良い風が吹き抜けます。やっと関西方面の料理店が始動してくれた。あと一週間で東京も動き出すだろう。皆がきっと不安を抱えての再スタートだから、上手くいってほしいねぇ。


2020年5月22日金曜日

Wakare

長い期間お世話になってた銀座の「一期」さんから閉店のお知らせを頂戴した。滋賀の懐石の名店「招福楼」出身で、銀座において器・料理・接客のすべてにおいて最上級の料理店だった。ミシュラン★★の名店がコロナにより幕を引くとのこと。寂しいねぇ。出会いは大阪の工芸店「ようび」さんの紹介で、オーナーと板前さん(皆、招福楼出身)とで挨拶に来てくれたのも懐かしい。もう十数年前のこととなりました。その時の板前さんも数年前に若くして鬼籍の人となり、なんだかなぁ、涙がこみ上げてきます。


Momo


自粛生活でお洒落とも無縁であります。
おかげさんでヘアサロンもご無沙汰になり、
年齢とともに強くなったナチュラルパーマネントが暴れて困ります。
今だ安住の地となるヘアサロンも見つからず、
今回もホットペッパービューティーで探さないとね。あーあ、めんどくっさ。

十数年前にレトロな鋳物製の氷かき機を入手しまして、
これでいつでも腹いっぱいかき氷が食えるとなったのですが、
一度も使うことも無くお蔵入りになってます。大き過ぎてめんどくさいからねぇ。
ただここ数年、自宅では小さい家庭用の方でかき氷を作るようになりました。
なぜなら、昨今の甘味処のかき氷が凝り過ぎてませんか?
どこどこの天然氷とかコンフィチュールのようなシロップとか、
それになんだか分からんムースが掛け流されていたり。
さっぱり暑気払いしたいのに、やたら濃厚な方向に行っちゃったからさ。
ボクは安っぽい明治屋のシロップが好いんだよなぁ。黄色の氷レモンがとくに。

White porcelain

数日前のインスタで、有田の菓子店(店舗は無し)の広告的な「いいね!」をもらった。いつもなら宣伝に乗ることは無いが、何気に開いたらボク好みの菓子がセンス良く写ってたのね。早速、佐賀県有田より「お取り寄せ」をしてみました。ただクッキー5個で二千円とはかなり高級で躊躇しましたが、ビジュアルと味に期待して×2箱頼んでみた。商品代・送料・着払い手数料とで五千四百八十五円です。内容量と値段で言えば、東京の名店オーヴォンビュータンやツッカベッカライ カヤヌマ以上だからね。

今日、届きました。

ここからは辛口でゴメン。まずクッキーが普通の工場生産的な味覚で、(本日知った、製造元はここ)アイシングに古伊万里柄がプリントされてるだけではないか。SNS受けの企画物ならしょうがないけど、リピートされてこそ名品につながるわけで、アイデアは良いのだからもったいないのではないかな。最上の素材や作り手のパーソナリティを感じない商品には、正直残念でしかない。



2020年5月19日火曜日

TARKIE

掛け捨ての先進医療も高額療養もすべてOKのガン保険に入ってみた。
周りを見渡してみると、
60歳前後の男子に身体に変調きたした人間が多かったからね。
少しホっとします。
積立式の生命保険など、掛け金に比べボクの年齢の保証の少なさったらさ、
人間の価値の低さに泣いちゃいますよ。
まーね、
人生太く短くから細く長くにシフトします、ハイ。

 今日は雨降りでしたが、予想以上のお客さまにお出でいただきました。(5/16)
コロナで自粛時なのに、皆さまに感謝いたします。やっと週末です。
明日は定休日。当然のことでボクもまだ外出気分にはなれません。
って言うか、出かけたところでどこも[close]だもの。
一時、あれだけ通ったタカラヅカをはじめ歌舞伎も東宝ミュージカルも忘却の彼方へと。あの日に帰りたいねぇ。店番しながら大昔のレヴュー本で心を慰めまする。











2020年5月15日金曜日

BILDA





今週から数軒の飲食店が少しずつ復活しくれましたが、
遠く離れた地方の3店舗様だけですけど。
都心の料理店様は、まだまだしばらくは休業となってしまいました。
まぁ普段の売り上げには到底及びませんが、
豆腐屋は自粛しないで済むだけでもありがたいことです。
また不要不急の外出自粛の中でお出でくださり、
ただただお客様には感謝で御座います。

以前より早く仕事が終わります。午後6時、豆助と軽くビールを呑んで一日の終了。
そして一人で本呑みに入り、手慰みにこんなモンを。
だいぶ以前、大正時代の良家のおぼっちゃまが遊んだであろう、
ブリキの組み立てオモチャを以前入手したのね。
商品名は『BILDA』、1925年9月Patentedと記してある。
部品は写真の他にももう一箱ありますので、
でっかいビルジングだって思うがままに。
こんな玩具もボクの見立てで『museum as it is』っぽく階段の踊り場に。

13.6363636





この数か月を完璧にインドア生活で過ごし、
まーったく外食、外呑み、ナイトクルージングでの銀座、新宿、浅草、青山、神保町も忘れた。
ヘアカットも行かず、洋服も買わず、髭さえ剃らず、金銭欲、食欲、権力欲、名誉欲、性欲、物欲、(アリャ!)まーったく無いではないか。なのに酒量は増える一方。
心がヒリヒリしています。

ボクの決め事。晩酌の肴入れは伊万里の四寸五分ぐらいがちょうどいい。
器として大きからず小さからず、きれいにのん兵衛好みに対座してくれるのね。
越前塩雲丹、能登のこんか鰯、九十九里町の鰯の胡麻漬け、厚切り牛舌3枚、なんでも好いんだな。本日は頂き物の香川産ソラマメ。

ボク自身、もとの生活に戻るのにはリハビリが必須みたいですね。

2020年5月10日日曜日

Higurashi



京都の会員制のBARで偶然隣席したのが金子國義氏で、
たまたまボクの連れの料理評論家兼落語評論家と面識があるらしく、
紹介されたのが交流の始まりでした。
節分ではないのに『おばけ』風体の金子氏には少々面くらったけど、
魑魅魍魎が跋扈しているBAR(島原の輪違屋は夜はBAR)ですから、
普通のいで立ちのボクらが浮いていたのかも。
その後は豆腐の注文を頂戴したり、新刊の書籍をくださったり、
鬼籍に入られるまでお世話になりました。
額装したお手紙は、ボクのお宝で御座います。
(インスタ用で、だいぶ以前のと重複しちまってます)

fragrance

コロナには鼻腔の乾燥が大敵と聞き、以前から実行していたドライノーズと花粉症予防のワセリン鼻腔塗りを徹底しております。
なにしろ重症だった花粉症が治って20年、やはり皮膚や粘膜の潤いは大切かな、などと実体験から。
コロナは臭覚に異常をきたすらしい。
このレダイグのピーティーさにボクの鼻腔は大喜び。
アイラとはまた違う薫香に酔う日曜日。このシリーズでいちばん廉価ながらこの旨さ、
購入しておいて良かった。
さすがスリーリバーズ社 (Three Rivers)で御座います。
香りとか匂いって好い物ですね。
生意気なことをブっこかせてもらうと、
ここ数年ボクの体臭は『アイリス』と『旅路』です。
還暦過ぎると臭うのよ、ホント。
臭いは匂いで蓋をします、恥ずかしながら。






2020年5月6日水曜日

Craftsmanship

家で食べることも、ここまで続くと(怒られるけど)少々飽きてきた。
今『食』に関しての切なる願いは、プロフェッショナルな料理が無性に食べたい。
どうやっても素人では出来ぬ味を。
まぁ御多分に漏れず豆腐屋も不景気ましっぐら、
てこ入れを、、、、、、と考えながら、
絵に描いた(過去の写真だけど)鮨で夢を見る。













Nangoku Rakuen




連休最終日となりました。
黄金週間とは言え、どこにも出かけずに家の中で一週間過ごしました。
まぁ無駄な消費もせずに、ただ呑むだけで終わった連休です。
行動範囲が家の中だけですと、やはり精神的にはあまりよろしくないようで、
要らぬことを考えてしまいます。
いずれ誰もが自由に行動できる時がくることを願い、
狭い書斎から未来の旅路を空想します。
物置にしまって置いたままのC&Sを大掃除で思い出し、
段ボールから出して飾り棚(キャビネット)に。
南洋が日本人にとって憧れや夢だった時代の喫茶用組み物です。
大正~昭和初期に作られたノリタケ製なのね。
いかしたケークでも乗せて写真でも、などと思いつつも、
家から出れんのでムリかな。
自己顕示欲の強いボクには、なんとも消化不良なここ数か月。
南国楽園に行きテェな。

2020年5月4日月曜日

Kiriko

大掃除ついでに食器棚も夏仕様にします。
土もの陶器から磁器を主流にして、
ガラス食器も緩衝材から出して前面にもってきます。
やはりガラス器は涼し気で、これからの季節は好い物です。
これも以前からわが家の夏の定番、戦前に作られた切子のコップです。
夏のお客さまにはサイダーや森永コーラスをこれでもてなし、
また暑気払いのウヰスキーソーダもこれがいちばん。
ボクの場合、安いカナディアンウヰスキーを7アップで割ったのが夏の極楽ドリンク。




L’Hommee

大掃除も4日目となり、それなりに片付きましたが、
最後の詰めの甘さはいつもの通りです。
先日お出でのワインインポーター(Raffine)くんがくれた泡を呑みながら、
本棚を整理したり雑巾がけをしたり。
ただねぇ、書庫は古雑誌や古カタログで手が止まってしまいます。
たぶん明日には終わるでしょう。




2020年5月1日金曜日

KAVALAN

一昨日、またまた都心から来てくれたワイン業者くんが、
「コロナで東京の料理店地図が激変しますよ」と言う。
その期間によっては、今ある数の半分が消えてしまうかもしれないとも。
当店も地元はもちろん、都内を中心に全国の飲食店のご贔屓様が自粛休業ですし、
ましてや延長だからなぁ。
命も大切、経済も大切、どうか生き残ってくださいよ。

ところで中国や韓国の回復は本当だろーか?

昨日は休肝日でしたから、今日は呑みます。