2021年5月11日火曜日

To Die in the Country



大昔の飲み友達だったT女史が、見知らぬ老人を伴って遠来。
「哲っちゃん『天井桟敷』のファンだったよね、この〇〇さん知ってる?」
エッ???よく分からないので笑顔で対応する。
その雰囲気のあるご老人は劇団員だったらしく、アングラの世界では有名人らしい。
そのうえ「ファンと聞いたから」と舞台の台本まで頂戴してしまって。

さて困った、『田園に死す』しか知らないのだ。
数少ない記憶の抽斗(ひきだし)の中から引っ張り出して、その場を繕ってはみたのだが、、、、


T女史、なにを勘違いしているのやら、ボクは『山海塾』の方なんだけど。

まっ、いいか。

     

2021年5月9日日曜日

Hiroshige


ビールな気分でもないし、モルトも日本酒も普段呑み用を切らしちゃって、バチ当たりにも神棚用の日本酒に手を出してしまいました。お神酒用は近場のスーパーマーケットで購入してる700mlでお手頃品の『酔鯨』です。自身で呑んで旨かったから、最近はコレばっかりでね。ちなみにボクの普段呑み用はもっと廉価な『住吉』ですが、まぁね、その日の気分次第なんだけど、あんまり哲学的な酒は苦手です。ちゃちゃっと呑んで、さっさと寝たい宵は日本酒に限りますねぇ。

豆腐屋ですから肴はいくらでもありますが、簡単なのは大豆を塩茹でして葱と和辛子を乗せ、醤油をたらすだけの「みそ豆」が多いかな。裏浅草界隈の江戸料理系の店の突き出しによくあるやつね。ボクが一番贔屓の三筋交差点の鰻屋『やしま』、ここの突き出しもこれでね、白焼きが運ばれてくる小一時間をこれで過ごすのだよ。良き時間です。

気の短い江戸っ子にはこんなんが好まれるかも。今晩は在庫の関係で甘系秘伝種で作ったけど、みそ豆の場合は甘さを主張する大豆より 、大粒でそこはかとなくやさしい味の大豆の方が好いみたい。



蕎麦屋の昼時によく見かける手酌で呑んでる江戸風情愛好家(マニア)たち、大混雑の『まつや』や『藪そば』ではちょっとボクなら気が引ける。だって待ち行列の人の視線が痛いモン。基本、江戸で長っ尻は嫌われるけど、注文からさばく鰻屋なら誰にも文句は言われませんぜ。



2021年5月4日火曜日

Kissako

珈琲豆を初訪問の専門店(地元)で購入したら、いつも愛飲してる豆とは一桁違ってた。廉価でもただの茶色いお湯では悲しいが、一杯に換算するとパウリスタ銀座より高級品なんだもーん。ちなみにボクはコナ(ハワイ)専門でっす。

ワインと珈琲はいろいろとご意見もお有りでしょうが、浅草の『銀座ブラジル』が雰囲気含めボクにはピッタシかな。浅草の喫茶去文化は深いゾ。


今さらながらこんなモンを買う。底に大正十年と記された白磁製の酒樽です。当時の酒屋は量り売りですから、注文次第で下の栓口から〼に酒を注ぎ、量って売っていた樽ですね。よくある樽の半分ぐらいの大きさでしたので、花器としたら面白いかなと。戦前製でも、昭和のソレよりも枯れた風合いがよろし。これも『用の美』でございます。古木の松でも投げ入れたいねぇ。



2021年5月2日日曜日

Horete orimasu

日生劇場地下に車を棄てて、泰明小学校を左手に外堀通りを渡る。
音を立てて風が吹いてた土曜日でした。痩せたから飛ばされそうで怖いわっ!

みゆき通りにジュリアン・ソレルがあった時代の唯一の生き残りだったのにぃ。『銀座凮月堂』が閉店して数年経ったけど、その旧(ふる)いビルディングの奥深くでリニューアルオープンしていたとは最近知りました。茶席のような小体な菓舗で、以前の大箱からの潔い変化は世代交代によるものでしょうか。あの階下でのカスティラの販売方法は好いねぇ。カミさんはラム酒のあんみつとお茶で、ボクはパフェとコーヒーを。

目の前で(土産用の)練り切り四種を職人に作ってもらう。菓子職人はさすがに熟年の方でした。



帰宅後に漆作家・夏目 有彦(物故)氏による縁高に盛る。
だいぶ昔に野田 行作(物故)氏作の椀で漆器に目覚め、最近は若林 幸恵先生によって漆の愉しみ方を教えて頂いている。そして夏目 有彦氏の作品はボクの「憧れ」なのです。



東京は緊急事態宣言で日本橋も銀座も人通りはまばらですが、なんだぁ我が街川越の混雑さったらさ。ビックラケだよ。