2022年6月26日日曜日

LIFE

世間様には怒られそうですが、冷房の設定温度は23℃ですの、ボク。


暑いので、定休日ですが自宅に籠る。だからニューリリースのモルトを開栓して呑んだり食べたり、ときどきうつらうつらと寝落ちしたり。安酒だけどそこはスリーディバーズ、六つの島のヴァッテッドモルトは予想していた以上に複雑な味の構築で。

写真のグラスなのだが、ヤフオクで入手した6客です。昭和初期のハンドカットの鉛ガラスなのね。冷酒(日本酒)用に丁度好いリキュールグラスと思い落札したら、届いてみたら大きなゴブレットだった。サイズも確認せずに、届いてから気付いたワタシです。思い込みはいけませぬ。



今年はお中元の発送依頼の時期が早いです。例年は7月1日からのスタートでしたが、今年はすでに繁忙期に。発送は待ち時間有に入ってしまいましたけど、店頭での豆腐の欠品は避けるようにいたします、ハイ。よろしくお願いいたします。

2022年6月21日火曜日

Shin

最近、いちだんと活字やパソコン画面を見始めると強烈な睡魔に襲われます。小学生の頃から学校の授業や塾となると押さえられぬ眠気がやって来ましたが、楽しい時はまーったく大丈夫でした。困ったねぇ、加齢とともにソレはお構いなしやって来るようになりましたよ。ナルコレプシー、いよいよヤバいかな。

日曜日は赤坂から銀座、その後は浅草まで走り野暮用をフル回転で。普通の生活エリアは静かだけど、浅草寺などの観光系や銀座は混雑ハンパなしでした。後ろに目の無き人々をかき分けながらの早歩きは疲れます。
最後に雷門『千茶』で上生菓子を購入し帰路につく。

帰宅後、留守番だったカミさんと一服。カミさんは小倉羊羹で、ボクは『月の瀬』と練り切りの『紫陽花』をダブルで。

先日、骨董屋に状態の良い「くらわんか」茶碗があったので入手した。抹茶茶碗としたら少し小さいが、意外に重く掌に心地よく収まります。現代で言えば使い捨て雑器だけど、だからこその味がたまんない魅力となっとります。携帯用の夏茶碗にと。








Oasis

赤坂での用事を済ませた後、お中元の手配で銀座のデパをハシゴする。行く先々での混雑はコロナ前以上ですね。すっかり飯難民となり、西銀座の『ウエスト』にやっと落ち着いた。んで軽食を、ハムトーストにアイスコーヒーで。

微妙に混んでる店内、微妙な席に案内されてしまった。

壁に接した席なら好いが、真ん中通路席はオヤジ独りには居心地悪い。前横どっちに目をやっても淑女たちを凝視しているように思われそうで。かと言って老眼鏡は車中に忘れ、スマホを見ても何が何だか。壁席なら絵画にでも逃げ道があるのだがね。などと変な自意識過剰で心落ち着かず。やっと確保できたオアシスも、ちゃちゃっと食って退散に。




2022年6月16日木曜日

Natsumikan

お中元やお歳暮は消えゆく風習らしい。ボクの場合、たしかに昔に比べ頂くことも差し上げることも少なくなりました。自身、楽って言えば楽だからそれも良しでしょう。

けれど、本当に親しい者同士でのやり取りは、実に嬉しくて楽しくてありがたい。





彦十女史から今年も頂いた老松(京都)の『夏柑糖』は家族を笑顔に。季節限定の夏蜜柑の涼菓はカミさんの大好物だもの。
「女史、今年もありがとう」
早速カットして、まずカミさんに献上いたします。古道具屋で購入した1954年以前の大阪・島田硝子製(現・東洋ガラス)の切子皿で。
一緒にボクは冷えた麦茶に梅酒の梅を一粒沈ませました。

合わす器や茶を食す前にあれこれ考える。頂き物と対座することの愉しさです。










2022年6月12日日曜日

Sudden rain

ボクの場合、夏の扇子は女性用の小ぶりなモノと決めています。漆黒に蒔絵の月と兎と萩、扇絵は薄野に隠れたふたりの兎。
レジャー用スエット以外、ボクの夏服の一張羅は麻(リネン)ですから、胸ポケットに扇子は無くてはならぬ小物です。このサイズですと、ちょっと小粋に収まりますよん。
元々は母用に購入していた京都土産、今はボク用も宮脇で。
二十年前に誂えた生成りのスーツも現役ですし、先日のパナマもそろそろ乗っけてやらんとね。




川越の西町通り商店街の入り口にあった喫茶店『珈琲王国』で、高校一年の夏休みはアルバイトをしてました。1976年のことです。カウンターにはたくさんのサイフォンが並び、昨今のカフェのなど比ではない濃厚アロマ漂う喫茶去でねぇ、その店でアイスコーヒーは銅マグで飲むことを知りました。ヤカンで煮出した苦めのコーヒーが美味かったね。 んで、今でもアイスコーヒーはグラスではなく銅マグですよ、ボク。

外は雷と激しい通り雨です。ただ今食事制限中ですので、予定していた外出も取りやめました。ビールも日本酒も現在縁切り中でございます。今宵は野菜と蒸留酒で過ごす予定です。

薄暗い部屋で、カウンターテナーのアヴェ マリアしとります。

   

2022年6月11日土曜日

Casquette


好きで右下がりにキャスケットを被るのだけど、鏡で何度見しても似合わんのだよ。ひょうたん型の頭(顔)のせいか、周りを見ても確かに面長より丸顔に合うと思う。10代後半に流行った『Boat House 』の正チャン(湘南)帽もそうだったし、野球帽も浅いのも似合わんのだ。

でもやめられぬ、キャスケットは常に常備してるのね。

以前、鎌倉在住の料理研究家のおばぁちゃん(大正生まれの深窓の令嬢)に、「あら哲っちゃん、英国ではその帽子は煙突掃除などの肉体労働者のモノよ、おやめなさい」って注意された記憶があるけれど。

でもやめられぬ。
いいのだよ、豆腐屋は労働者だもーん。

ボク、ダッコちゃんをこよなく愛するコレクターでもあります。







2022年6月8日水曜日

Memory from a long time ago.

今年も梅雨入りとなりまして、ここ連日よく降りますね。あとは夏を待つばかりです。今年こそは鮎でも食しながら大っぴらに暑気払いしたいねぇ。
盛夏に向かうこの季節、おかげさまで忙しくなってまいりました。とくに『父の日』の予約数には、皆皆様に感謝いたします。



酒器マニアなもので、「モルトはあれで」「ビールはこれで」と自分の中にあるんだな。グラスや酒器ひとつで旨さも変わるからね。
つい最近、骨董商から購入した大正~昭和初期に作られた切子のコップです。さすがに箱は経年劣化しとりますが、グラスはキズも欠けも割れも無い未使用品です。夏の麦茶やサイダーはこれでしょう。冷えた切子コップの結露(水滴)は夏だからこその涼味だもの。
でも今夜はスコッチでやります。アテは塩らっきょうで。

晩酌に想う。
「男はグラスの中に自分だけの小説を書く事が出来る」って寿屋(サントリー)のCMにあったけど、ボクは小説は書けないけど少し分かる気もします。呑みながらグラスやボトルを眺め、自分流に勝手に妄想できますもの。それも愉しですぅ。

やっぱり酒は好いねぇ。




2022年6月6日月曜日

Money

お金の話です。

ネットで購入した夏服は失敗したので、やはり専門店で購入することに。マドラスチェックのBDも薄青のリネンシャツも、残念ながら幅はいいが丈が短くお蔵入りってことに。趣味や嗜好がありますので、他人(ひと)にあげても喜ばれないだろーしな。あーあ、楽な道を選んで意味の無いことをやってしまいました。

デリバリーピッツァの『持ち帰り半額』で、Mサイズ4枚購入したら6千ナンボだったのね。(それでも高い)よく考えないで初めて利用したのだけど、あの(あんな)Mサイズがデリバリーですと1万2千円超えなのかぁ?ちょーっと、いやいや怒りの『大魔神』レベルに驚いた。サイドオーダーは無しで、1枚にだけアンチョビとエビをトッピングしただけなのだが。半額とは言え、もともとの基本料金が高額過ぎませんか?それともモヤモヤを抱いたボクが変(ケチ)なのか?





2022年6月4日土曜日

Minazuki

やーっと週末、なんでだか肩から股関節までずーっと痛いのよ、還暦過ぎは回復力がマジ落ちる。還暦前は鍼灸やマッサージで癒すことが出来たのに、長年頼ってきたゴッドハンドな先生はコロナ禍から廃業しちゃったし、実に困りもの。
鍼灸師の先生に限らず、そんな関係の若い頃からお世話になってきた諸先輩やら同世代がリタイアの時らしい。

これからは身も心も委ねればならぬは若い人に、か?
どーやって探せばいいのだか。
「イタタ」
大至急それに代わる神の手を。
 


玉蜀黍(とうもろこし)が青果商の店先に並び始めましたので、ザルで二山を購入する。
さっそく塩水で茹でる。せっかくだから専用の皿も用意する。っつーか、この皿を入手したから玉蜀黍を乗せたくて。戦前のノリタケ製で、玉蜀黍は手描きです。

野菜で初夏を味わう。




2022年5月29日日曜日

Ulysses


「齢90はコロナが治まるまでは家でテレビでも見てなさい」で過ごしてきましたし、またコロナ禍を理由にこちらのペースで毎日を乗り切って来れました。母の介護の話です。それでも時々はドライブぐらいは連れては行きましたがね。
元来、自己愛の強めの母でございまして、故にストレスなのでしょうか?日々ヒステリックグラマー化しとります。んで、昨晩は仕事終了後に母のストレス緩和に尽力を。

車イスと母を車に乗せて日本橋へ向かう。首都高五号線が少々渋滞気味でしたが、高島屋の閉店25分前に新館の地下駐車場にすべり込みセーフ。んで、車イスに乗せて地下食料品売り場に。「なんでも食べたいものを言って」と母に振れば、ウエストのドライケーキと虎屋の羊羹に、メゾンカイザーのパンと野田岩の鰻etc.と欲望は尽きることのない母でございました。閉店の音楽とともに日本橋を後にして新宿に向かう。

せっかくだから、ボクが新宿のユリシーズだったころの街を車イスで疾走することに。

伊勢丹などは置いといて、倅のボクでさえ現存の記憶の景色は「どん底」「DUG」「紀伊国屋」ぐらいなのに、母の知ってる昭和の新宿は記憶が蘇るきっかけさえ掴めぬようでした。「新宿コマ劇場」の今の姿に驚き、歌舞伎町も二丁目でも行き交う若者に異次元を見ているようです。
それがですね、「ちょっと刺激が強かったかな」は杞憂で、彼女なりに面白がってくれたのが幸いでした。

母、『新宿の女』となる。



2022年5月25日水曜日

Hallelujah


子供の頃のこの季節、お隣さんのユスラウメ(山桜桃)が真っ赤な実をたわわにに実らせて、ボクは余すことなく貪り食った記憶があります。ただ、55年前にお隣さんは引っ越してしまい、それ以後はユスラウメが幻の果実となってしまいました。どうしてもあの懐かしい味覚をもう一度と、三年前に苗木をネットで買って鉢植えに。水を与え肥料を与えての三年間、そのユスラウメの実が今赤くなり、口に放り込みながら記憶の確認をいたしております。子供の頃(記憶の中)のユスラウメはもっと美味しかったような、、、いけませんね、そんなバチ当たりな言動は。55年ぶりにありがとう。


なんだろうねぇ、昨今流行りの映え(バエ)系とは対極の和菓子なんだけど、それ以上に心象風景が目に浮かぶ菓子なんだ。岡山津山市、鶴聲庵の『千本桜』。千利休好み、麩の焼に通ずるような菓子で、ボクも無言で語り掛けながら、また菓子からも語り掛けてくるような佇まいがあります。個人経営の小さな小さな御菓子司ですから、櫻花の季節は地元消費でお取り寄せは無理です。んで、ボクは季節を外して取り寄せる。まったくの無添加故、日持ちは数日で。届いた最初は茶を点てて、宵は酒のアテとして愉しみます。


東京芸大で同期なのかな。「千本桜」は三上 亮の梅花皿に置き、山桜桃(ユスラウメ)は白石 和宏の蹲(うずくまる)に挿す。同時期に現れた天才でしたが、白石さんは1996年に38歳で夭逝された。94年7月の最後の個展・東銀座「工芸 今」にて蹲がボクの元に。



   

2022年5月18日水曜日

Old photograph

奥歯のクラウンがとれてしまいましてね、さすがに限界かなとなり抜歯してまいりました。以前「小野さんの歯は根がしっかりしてますから丈夫ですよ」とお墨付きをいただいてはいましたが、さすがに終わる時は終わるんですね。丈夫ゆえに抜くのも手間取りまして、30分は口を開いたままでした。まぁね、何度やっても怖いのは歯茎への注射(麻酔)で、刺さるあの感触は腕への採血の針より数百倍嫌なモンです。抜歯した根っ子に、多少の歯茎のお肉が付着していたのにも心中で思わず「ぎゃっ!」と。

野球のボールを顔面キャッチで前歯を折り、半世紀前の差し歯からお世話になっている歯科医の先生です。その差し歯は今も上アゴと一体化したままなんの支障もございません。S先生、さすがです。


クレゾールに匹敵するようなヨード香に精神まで殺菌されていくよーな気分です。
普段呑み用の強烈ピート香アードベッグで消毒がてら、昔の気の強そうなおなごさんとサシで呑む。
骨董屋で何気に手にした古寫眞に魅せられましてね。明治後期に麹町三番町、市川寫眞館(寫眞師・市川慎一)撮影による。
キリっと太い眉に大きい瞳、鶏卵紙寫眞コレクターのボクの収集品の中でもこんなタイプは初めてです。明治時代の男前女史でございます。
二百三高地な束髪に矢絣と女袴、「花子とアン」と同時代の女学生かおなご先生か?

この娘(こ)、どこのどんな娘(こ)で、どんな人生を送ったのだろうな、、、
これもひとつの歴史浪漫、、、







2022年5月15日日曜日

Hinata hinata


数か月ぶりに同業者の友人と呑むことに。新宿伊勢丹で鮨店の主と友人の手土産を買い、タクシーで神保町に向かう。それにしても新宿駅も伊勢丹も大混雑の土曜日です。スズラン通りで探していた画集を購入し足早に。落ち合う店も予約で繁盛してまして、先客が退店するまで外で待つことに。そんなこともなんだかか嬉し、コロナ禍も終わりに近づいたのかな。
油断をするわけではないが、人気のない裏路地は顎マスクで深呼吸をしながら、ってな感じで。


ところでその同業者の友人が「お取り寄せ詐欺」被害にあったそうで、能登の警察署から被害届提出の連絡があり被害に気付いたそうです。そして詐欺師を検索したら、小野さんのブログが出てきたってカミさんが言ってましたけど、と。


なんテェこったい、同じ詐欺師に引っ掛かった同士でした。
世間の狭さを思い知らされた夜になり、ふたりで大笑い。

最終列車に飛び乗り川越に。







2022年5月7日土曜日

KISS

暇なもので、部屋の大掃除を決行したら下手こいてしまった。コレクションボードの前面ガラスを割ってしまったのであります。ボクが掃除をすると、決まって何かが壊れてしまうのだね。

63年間、触るモノ皆、傷つけてまいりました。



連休もいよいよ終わります。久々に豆助と『ぽん多 本家』に行くことに。
「ぽん多に行くのなら、鱚(きす)フライ食べなきゃ」ってフード系ライターや料理人によく言われていました。なのに縁が無いっつーか、ボクが行く日のメニューでは毎回欠品だったのね。確かに先日お邪魔した鮨店の主が、「今年は鱚(きす)が河岸に無いんだよ」って言ったいたっけ。

♬夢で鱚 鱚 鱚  鱚鱚 鱚 いつでもいつまでも キラめく様な 甘い・・・・・・♬

ここではカツレツよりエビフライよりポークソテーより高額で、「時価」のアワビに次ぐ高級品の鱚がこの日はあったのだよ。まずは鱚、あとは蛤のバター焼きとポークソテーの3皿を2人でシェアすることに。赤だしと白米と漬物もとーぜん。
大倉陶園の皿に鯵フライ並みの大きさで3枚、食い慣れた天婦羅屋の鱚からは二回り半の違いかな。塩だけで頂戴する。

来週から普通営業に戻ります。豆助はピッチ走法のボクはストライド走法で、八月の盆休みまで頑張ります。











2022年5月3日火曜日

Nagomi

旅行に行く次女を東京駅に送った以外は家で籠っております。今回のゴールデンウイークは制限無しってことで、関越も首都高も大混雑です。べつだん予定も無しの一週間、書斎で大人しく過ごします。

酒はある、いくらでも。







2022年5月2日月曜日

Myōjō

     

高校のクラスメイト(♀)に「コロナも落ち着いてきたから、皆でカラオケでも・・・」と誘われました。

嫌いではないけれど、30代以降は滅多にカラオケはやりません。
それでも唄えと言われたら、十八番(オハコ)は三上寛ヴォイスで唸る伊藤咲子の『乙女のワルツ』か、山崎ハコではなく北原ミレイヴァージョンの『白い花』とかね。男歌なら小林旭の『夢の中』かな。ここは意外にこだわりもあったりして。
晩酌のBGMに、たまーに聴きたくなるのも昭和歌謡とか演歌なのね。



1967年蒸留のカナディアンウイスキーを呑みながらフっと思う、「あの頃、8歳のボクは何をしていたかな?」と。んで、コレクしている当時の古雑誌を引っ張り出して振り返ることに。
ひとつ言えることは、この時代のヒット曲はぜーんぶ歌えるのだよ。

※カナディアンウイスキーは、古酒でも2~3,000円だよ。


裏表紙はその時代を反映させてるコカ・コーラ社で、若大将シリーズで大人気だ加山雄三氏です。



     

2022年4月25日月曜日

Summer is here

いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。

本年のゴールデンウイークの休業は、5月1日(日)~5月8日(日)までとなります。
4月30日(土)は午前で終了いたします。

ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。
5月9日(月)より平常通りの営業となります。

60代、さすがに身体のあちこちが悲鳴を上げてきましたので、精神共々リフレッシュさせていただきます。

ご贔屓様、皆皆様に心より感謝いたします。


1,800円で落札(ヤフオク)した、昔々の有松志ぼり(絞り)の反物(デッドストック)が仕上がってきました。さっそく羽織って遊んでみる。サラリとした麻や木綿と違い、絞りはフワッと身体を包んでくれるような風合いです。身体大柄ゆえの手縫いの「関取仕立て」で。
還暦過ぎると身体のラインもだいぶ緩んで自然と天然繊維が馴染むからね。若い子がウエストを「キュッ!」と締め付けてるのより、適度に脂肪も上皮も垂れ気味の方が味が出るんだよ。

(コロナ禍で)ここ3~4年は夏着物で出かける機会も無かったし、呉服屋さんからも「着てくださいよ」とありましたので、今年は三社祭も開催されそうですし、遅くも九段の御霊祭りには出かけようかと考えております。とは言え肌着とステテコを買わねばいけませんね。

2022年4月22日金曜日

McDonald's

高齢の母が好きなもので、たまに川越駅前のマクドナルド行くのですが、コロナ禍以降の接客の形態が変わりましたね。マックと言ったらスマイル満載な女性が数名で対応してくれていたものが、現在は1~2名で激務をこなし、手元だけを見ながらの接客になっています。先日も豆助家族の分とで別々に注文をしたのですが、すべて一緒の袋で持ってこられてしまったのね。しょうがない、その状態ですから並びも多かったので、自分たちで外テーブルにて仕分けをしましたけど。窓口の激務は分かるのだけど「やっつけ」はいけませぬ。以前のスマイル満載の余裕の対応が懐かしいねぇ。半世紀前に、この街にマックが出来てからずっと変わらなかった接客が、ここ数年で激変してしまったような気がします。なにか特別を求めているのではないのだが、少々その激変に寒々しさを覚えたのだよ。人件費の問題なのかな?
これは自分への戒めを込めての苦言だけどね。



この歳になると話す相手の考えてることが分かるんだよなぁ。ましてや顔の見えない電話など、発せられる言葉や間から相手の表情や感情までも見えるし。

次女に「手土産で日本酒を探しているのだけど、、、」と相談されてこの蔵元に。以前訪ねた時の蔵人の真摯な対応が記憶にあったからね。今回は電話での注文だったのだが、やはり出た女性が真情のある対応でねぇ。瀬戸内海に面した倉敷市児島の古い蔵元『十八盛酒造』、注文後のボクもなんだか好い気分に。なんて心地よい買い物だろう。自分の分も取り寄せたので、さっそく「いただきまーす」とします。純米は茶碗酒で、大吟はパーフェクションで。