2021年6月13日日曜日

WEST

ありゃりゃ、お江戸はけっこうな人出ですねぇ。銀座はコロナ以前とまではいかないけれど混雑しとります。目が覚めてから明日の仕事の下準備後に、無性に珈琲が飲みたくなって銀座まで車をブっ飛ばす。そしたら人人人で、目当ての専門店はだいぶ待ち時間有みたい。しょーがないね、西銀座まで歩いて『銀座 ウェスト』に落ち着く。ここでも40分待っての話だけどね。

冷房も強めで極楽極楽。上品な紳士淑女の店ですから、こんなボクにはびったしです。いつものメニューをスピーカーからのクラシック音楽とともに。なんてね、思わずサンドウィッチ持つ手の小指も立ってます。

娘二人も片付いてしまったので遊んでくれないし、カミさんも別用で今日は独りボッチ。それはそれで悪くはないんだけど、少し時間を持て余すのね。
まぁね、二週間ぶりに外気に触れただけでも良しとして、風月堂のカスティラの無人販売所で一個購入し、数寄屋橋で去年のサマージャンボ宝くじを換金し帰路につく。
ちなみに宝くじは300円×100枚買って9000円の当選金でした。








2021年6月8日火曜日

Balut

フィリピン在住歴の長かった長女が近所のベトナム食材屋でバロット(孵化直前のアヒルの卵)を買ってきた。ベトナムではチュンヴィットロンと言うらしいが。

超ハードボイルドに茹でてから「騙されたと思って食べてみて、美味しいから」と言うけれど、焼き鳥だって焼肉だって内臓系は食べないボク、レバニラさえ無理だもの。店選別でフォアグラは食うけど。

「マジかよ、毛(羽)が生えてるじゃんか」上部の殻を破って液体をすすり上げてみた。

いろいろと想像しちゃダメですよ、喉から落ちないからね。一緒にベトナムコリアンダーも忘れずに。

味は悪くはない、悪くはないんだけれどねぇ、ビジュアルで萎えてしまうのよ。


<<閲覧注意>>



ネコにゃんにゃんにゃん イヌわんわんわん カエルもアヒルもガァガァがぁ・・・・

「あのねのね」なんだけどね。

2021年6月6日日曜日

Takao Aeba

10キロの減量で出来なかったことが出来るようになった。片足立ちでソックスが履けるようになったのね。年齢的なことと思っていたけれど、なんてぇこたぁねぇ、ただ単にデブの弊害だったんだね。ここんとこ自分自身の再発見が多いですよ、ヘヘヘ、、、


だいぶ以前のこと、NHK『週刊ブックレビュー』で故・饗庭 孝男(あえば たかお)氏の随筆『故郷の廃家』を知り購入。司会者の児玉 清氏が、感動が静かに重く心に迫る随筆と表現していたような。なに気に入手した随筆だったけど、読み進むうちに何度か胸が詰まってしまいましてね。今もボクの至極の一冊であり焼き付いた心的情景なのね。


そんな随筆によって購入に至った茶碗がこれなのです。
これは江戸期に肥前で生まれた陶器だけど、初めて見た時にボクの心象風景と合致したしたからであります。器の景色が随筆の舞台である(びわ湖)湖西北なのね。枯れた陶土に刻まれている白象嵌は、骨董屋曰く「白雲に鶴」でしたが、ボクには雁(かりがね)飛び立つ湖西の夕暮れなんだよなぁ。
茶を愉しむことはイマジネーションの増幅だもの、ボクはボクで。

んで、銘は『湖西玉響(こせいたまゆら)』でどうかな。




2021年6月2日水曜日

Chinoiserie

今、入手したい(抹茶)茶碗があるのだけど、どーしよ。
江戸期の茶碗で、時を経た枯れ具合と掌にしっとりと馴染む風合いがとてもよろし。
還暦を過ぎたあたりから「これ以上、滅多なことが無いかぎり物は増やしません」と決めてはいたけれど、その滅多に無いことが今起きているのだよ。まーね、不思議にボクには「滅多に無いこと」が多いのも確かだけど。

も少し熟慮します。

たぶん購入するけど、、、

それがワタシの生きる道。



それとは別に、どこにでもあるウイローパターンの器蒐集が軽いライフワークです。ボクの場合「不揃いの美」を良しとしてますので、食器全般をセットで揃えることはしません。棚にはいろいろな時代のいろいろなメーカーが重なり合ってます。ちなみに豆助の朝食用プレートは、かれこれ10年以上一枚のSpode製です。
今回入手したコレは戦後間もなくの頃の品で、五寸(15,5cm)の雑器も雑器、瀬戸焼のブルーウイローの皿なのね。完成度が低いって言うか雑と言うか、磁土はパフパフ、銅板転写もおざなりな仕上なんだけどね。ところが骨董屋で(皿と)視線が合っちゃった。んで、皿に懇願されて(そんな気がして)お持ち帰り。美術館級だけが素晴らしい骨董じゃないんだぜ、っと。井戸茶碗しかり、こんな雑器こそ千年後には美術館に収蔵されるかも。そりゃ無ぇーわ。

楼閣、柳、恋人と恋敵、やがて悲劇の末に鳥となり羽ばたく二人、悲恋の物語が題材のシノワズリ柄なのに、くらわんか伊万里と同じに控えめでいじらしい。そんな佇まいに惹かれてしまうのだ。

 

2021年5月31日月曜日

Daisy fleabane

近所の買い物以外はで出さない日曜日。独りでの豆腐の試作も道が見えてきたので、そろそろパッケージや原材料表示の手配を急がねばね。

机上に雑草ヒメジョオンを差し愉しむ。

義弟のケンちゃんが、四谷の『八竹』で紫蘇のお新香巻き(略称・紫蘇新)を買ってきてくれた。夕餉はこれを肴に、こりゃまた昨日常連さんから頂いた須賀川(福島)の日本酒と一緒に。カミさんは普通に袱紗や太巻きや押し寿司だけど、ボクはサッパリしたこれがうれしい。へへっ、昼食に精肉店の揚げ物を食べ過ぎましてね。
ほんの少し甘系タクアンですので、鳥越の郡司味噌店の激じょっぱい味噌漬け大根も添えて。それにしても紫蘇新が4人前ありますので、2~3日かけて完食いたす予定でございます。





冷タンみいたいだけど、二十数年前に新門前の古美術 小幡で購入したアンティーク。これでもOld Baccaratなのね。
1970年代のサントリーローヤルのCMで「男はグラスの中に、自分だけの小説を書くことが出来る」ってあったけど、グラスひとつで思いを巡らしながら愉しめます是、ってこと。

酒って最高の快楽のひとつかな。

ナレーションの森山周一郎の声はエエな。

      

スマホの機種変後、なんやら写真の画質が良くないんだけど。困ったもんで、気分が乗らぬ。


2021年5月28日金曜日

Natsumikan

少しだけ旅気分を味わいたく、先日も東京駅の『祭』まで駅弁を買いに行ってきました。コロナ禍により、毎度『のぞみ1号』で向かった京都への愉しい時間も遠い昔になりました。行こうと思えば行けるけれど、たぶん行っても心中にヒリヒリ感がありそうでね。
そんな気持ちを払拭してくれるように、友人の彦十女史から京都『老松』さんの夏柑糖が届いた。
ティーカップにかりがね焙じ茶を注ぎ、さっそくカミさんと頂戴する。

ありがてぇ、、、




愚痴を言うのはもうやめようと思いながらもこの閉塞感に八方塞がり、これじゃぁ「欲しがりません(コロナに)勝つまでは」だね。おやおや、、、


2021年5月26日水曜日

Nihombashi

いつもの野暮用で赤坂に出向き、終了後は食材を仕入れに寂しい日本橋に。
んで高島屋。お世話になってる方への御礼の手配や好物を購入する。

街もデパも閑~散、、、

8Fのレストラン街も半分以上が閉めてます。営業していてもソーシャルディスタンスがかなりの用心深さ故、空いてはいますが40分待ちとのことで諦めることに。特別食堂の『野田岩』バイバイ。



んで、丸善のカフェに。ここなら「ハヤシもあるでよ」とカミさんと初訪問。
カミさんは好物のハヤシライスで、ボクはカレーにハンバーグをトッピング。なにしろハヤシライス発祥の店だもの。

5分かからず着プレート。
食って驚き、ちょっと古いけど気分は『激おこぷんぷん丸』よ。

還暦を過ぎたらその一食一食が大切なのだよ。

そのあと明治屋サイドのヨロイヅカのカフェで精神持ち直すボクらでございました。




2021年5月22日土曜日

Men's egg

驚くことに、昨今は「咀嚼音(そしゃくおん)」が愛されているらしいね。たしかにYouTubeでも花盛りなんだよなぁ。
ボクはこれには耐えられんのよ。よく「蕎麦は音を立てて食べるのが本式」って言うけど、その音が聞こえただけで寒気で鳥肌が立ちますモン。母方の従兄の一人に、親の仇のように食物を噛み砕くヤツがいてねぇ、沢庵などはマッハな咀嚼音を口を半開きで鳴らされちゃうんだな。ボクは思わずその場を立ち去ります。考えてみれば彼の父親もそうだった。ってことは、伝統だからしょうがないのかな。



お得意さまで友人の『銀座バードランド』店主から、たくさんの奥久慈軍鶏の卵を頂戴した。
「卵かけ御飯の玉子は温めて人肌(温度)にしてから食べてね」とアドバイスも。醤油もヒガシマルの超特選で、と指定されました。
それはそれは艶めかしいですねぇ。せっかくだから器も金襴手の伊万里でデロリ感を。勝手にスケベ気分で箸でかき混ぜて、無音で吸い上げます。

幾万のヌラヌラの飯粒が、喉から食道、食道から胃の腑へと墜ちてゆきます。
旨いねぇ、、、

最近は玄米オンリーで生きてきましたが、卵かけご飯の今夜は白米を炊きました。ボクん家は『ゆめぴりか』一辺倒です。だって別格に美味いんだもの。





2021年5月20日木曜日

My Body

コロナ禍で極端に外出が減り、仕事着もしくは普段着で過ごす時間が多くてねぇ、かなり無頓着化しとります。行きつけのショップも廃業したので、ここのところ洋服を買いに行くことも無くなり、一張羅を着ないからクリーニング屋さん利用も最低量だもの。

しかしそうも言っていられない。さすがに今年の夏服を購入しないといけませんのでネットで注文をすることに。試しにマッキントッシュ ロンドンで、パンツとリネンのシャツを取り寄せてみました。

ここの作りはタイニーなんだね。よくサイズ確認はしたのだけれど、LLでもパツパツ気味。シャツはどーにかこーにか、パンツはストレッチ素材が幸いしたのと、少し痩せたから着れないこともないので返品は無しと。めんどくさいしね。(W93で注文したはずなんだけど、届いた品はなぜかW90)やっぱり試着をしない買い物は、なかなかボディ(身体)にしっくりきませんねぇ。

たまーに街でストレッチデニムを穿いたオヤッサンを見かけるけど、やっぱ男のスキニーパンツはいただけないよなぁ。


元々あったけれど、一年前のギックリ腰からいちだんと腰痛持ちになり、つねに硬直状態みたいな違和感があるのね。バンテリンのコルセットでどーにかこーにか過ごしております。コロナ禍によりかかりつけの鍼灸の先生は長期休業中だし、腰や背中に大リーグボール養成ギブスをつけてる硬直感覚はいつまで続くやら。


2021年5月16日日曜日

Natsuhakinu

今年も『のぼり鮎』の季節ですねぇ。出かけついでにいつもの御菓子司で購入する。
さっそくバーミックス茶道で茶を点てるボク。茶碗は携帯用茶碗に転用した故・辻 協さん(故・辻 清明夫人)の向付を。掌にすっぽり入るサイズなんだけど、意外にどっしりと心で重さを感じる器で御座います。




車を隣の町内の駐車場に戻しがてら、駅中の書店まで今月の『芸新』と『目の眼』を買いに行く。ついでに階下の成城石井で普段呑み用のARDBEG 10も入手したので、肴用に出口のKFCでフライドチキンも購入してきた。今宵も夜の帳が下りました。またまた呑みまする。

成城石井で買ってきたほんの数千円のアードベッグ10なんだけど(ドンキですと、もーっと激安ですよ)、大した金額じゃないのに鍵のかかったガラスケースに陳列されてるのね。(萬超えのカバランさえ普通棚に並んでいるのに、?です)故に近くにいたガチムチの店員くんに開錠してもらうのだけど、その後も彼が手に持ったまま混んでるレジ行列に(一緒に)並ぶのだよ。「あのぅ、ワタシがやりますから大丈夫ですよ」と言ったのだけど、「ガラスケースの品は高額ですから、何かあってはいけないで・・・」と離れてくれないのだ。なんだか気まずい変な絵ズラで居心地悪ぃ。

(盗みゃーしねーよ)




2021年5月13日木曜日

Jūnikai sita

コロナ禍で家にこもりっぱなしなカミさんを散歩に誘う。「静かな店で昼飯でも食うべぇ」とロシア料理の『ストロバヤ』に。
アクリル板やテーブルの間隔など、完璧すぎるほどにコロナ対策された店内です。なのに違和感無しに愉しめたのは、マダムやスタッフ皆の懇ろなサーヴィスが大きいかな。
サラダとボルシチから始まる料理は優しいしねぇ、精神と身体が「ホっ」といたします。
マダムは江戸っ子なのかな、ソフィスティケートさハンパなく、なのに高飛車感まーったく無し。

コロナ禍で知らず知らずに心がギスっとする今日この頃、居心地の良い店は何よりありがたいね。


ひさご通りの『パーラーゴトー』も今日は行列無し。
カミさんは台湾鳳梨パフェで、ボクは西瓜パフェとフルーツパフェで。
西瓜と生クリームの組み合わせは秀逸です。ここのは小さめですから二個頂戴いたします。




竹松鶏肉店で総菜を買い、千葉屋で大学芋も買って帰路につく。

浅草寺境内は仲見世もほぼ九割はシャッターを閉めており、先日の日本橋や銀座もそうだったけど、こんな閑散とした景色の東京は人生で初めてです。 それに比べ地元川越の混雑には驚いてしまいますぜ。紙コップビールを片手に持っての観光客の多さよ、おいおい。

2021年5月11日火曜日

To Die in the Country



大昔の飲み友達だったT女史が、見知らぬ老人を伴って遠来。
「哲っちゃん『天井桟敷』のファンだったよね、この〇〇さん知ってる?」
エッ???よく分からないので笑顔で対応する。
その雰囲気のあるご老人は劇団員だったらしく、アングラの世界では有名人らしい。
そのうえ「ファンと聞いたから」と舞台の台本まで頂戴してしまって。

さて困った、『田園に死す』しか知らないのだ。
数少ない記憶の抽斗(ひきだし)の中から引っ張り出して、その場を繕ってはみたのだが、、、、


T女史、なにを勘違いしているのやら、ボクは『山海塾』の方なんだけど。

まっ、いいか。

     

2021年5月9日日曜日

Hiroshige


ビールな気分でもないし、モルトも日本酒も普段呑み用を切らしちゃって、バチ当たりにも神棚用の日本酒に手を出してしまいました。お神酒用は近場のスーパーマーケットで購入してる700mlでお手頃品の『酔鯨』です。自身で呑んで旨かったから、最近はコレばっかりでね。ちなみにボクの普段呑み用はもっと廉価な『住吉』ですが、まぁね、その日の気分次第なんだけど、あんまり哲学的な酒は苦手です。ちゃちゃっと呑んで、さっさと寝たい宵は日本酒に限りますねぇ。

豆腐屋ですから肴はいくらでもありますが、簡単なのは大豆を塩茹でして葱と和辛子を乗せ、醤油をたらすだけの「みそ豆」が多いかな。裏浅草界隈の江戸料理系の店の突き出しによくあるやつね。ボクが一番贔屓の三筋交差点の鰻屋『やしま』、ここの突き出しもこれでね、白焼きが運ばれてくる小一時間をこれで過ごすのだよ。良き時間です。

気の短い江戸っ子にはこんなんが好まれるかも。今晩は在庫の関係で甘系秘伝種で作ったけど、みそ豆の場合は甘さを主張する大豆より 、大粒でそこはかとなくやさしい味の大豆の方が好いみたい。



蕎麦屋の昼時によく見かける手酌で呑んでる江戸風情愛好家(マニア)たち、大混雑の『まつや』や『藪そば』ではちょっとボクなら気が引ける。だって待ち行列の人の視線が痛いモン。基本、江戸で長っ尻は嫌われるけど、注文からさばく鰻屋なら誰にも文句は言われませんぜ。



2021年5月4日火曜日

Kissako

珈琲豆を初訪問の専門店(地元)で購入したら、いつも愛飲してる豆とは一桁違ってた。廉価でもただの茶色いお湯では悲しいが、一杯に換算するとパウリスタ銀座より高級品なんだもーん。ちなみにボクはコナ(ハワイ)専門でっす。

ワインと珈琲はいろいろとご意見もお有りでしょうが、浅草の『銀座ブラジル』が雰囲気含めボクにはピッタシかな。浅草の喫茶去文化は深いゾ。


今さらながらこんなモンを買う。底に大正十年と記された白磁製の酒樽です。当時の酒屋は量り売りですから、注文次第で下の栓口から〼に酒を注ぎ、量って売っていた樽ですね。よくある樽の半分ぐらいの大きさでしたので、花器としたら面白いかなと。戦前製でも、昭和のソレよりも枯れた風合いがよろし。これも『用の美』でございます。古木の松でも投げ入れたいねぇ。



2021年5月2日日曜日

Horete orimasu

日生劇場地下に車を棄てて、泰明小学校を左手に外堀通りを渡る。
音を立てて風が吹いてた土曜日でした。痩せたから飛ばされそうで怖いわっ!

みゆき通りにジュリアン・ソレルがあった時代の唯一の生き残りだったのにぃ。『銀座凮月堂』が閉店して数年経ったけど、その旧(ふる)いビルディングの奥深くでリニューアルオープンしていたとは最近知りました。茶席のような小体な菓舗で、以前の大箱からの潔い変化は世代交代によるものでしょうか。あの階下でのカスティラの販売方法は好いねぇ。カミさんはラム酒のあんみつとお茶で、ボクはパフェとコーヒーを。

目の前で(土産用の)練り切り四種を職人に作ってもらう。菓子職人はさすがに熟年の方でした。



帰宅後に漆作家・夏目 有彦(物故)氏による縁高に盛る。
だいぶ昔に野田 行作(物故)氏作の椀で漆器に目覚め、最近は若林 幸恵先生によって漆の愉しみ方を教えて頂いている。そして夏目 有彦氏の作品はボクの「憧れ」なのです。



東京は緊急事態宣言で日本橋も銀座も人通りはまばらですが、なんだぁ我が街川越の混雑さったらさ。ビックラケだよ。

2021年4月30日金曜日

AQUA

ここのところ豆腐の試作に明け暮れています。豆腐屋歴の42年は味の濃厚さへの追求で過ぎてきた時間でしたが、一つ覚えのその方向性に飽きてきました。だから、この夏は限りなく水(AQUA)のような豆腐に流れてみようかと。大豆薫る水で作る儚げな豆腐、もう少し待っててや。




2021年4月26日月曜日

I am afraid of cats.

よく長女の家猫(♀)を預かるのだが、避妊手術をしてから男嫌いになってしまったみたいで、手を出しゃぁ牙でガブリか爪でシャッっと引っ搔くようになった。あれだけボクを愛してくれていたのにぃ、ウソのようにつれなくなっちまって悲しいです。
防衛策として、先ほど地元のホームセンターでスウェード製の安全手袋購入した。
早速ちょっかいを出してみる。
フフ、ぜーんぜんOK、痛くも痒くもない。
が、最初のうちは手袋に噛みついていた猫でしたが、時間とともに異変に気付きだしたようで、今度は顔を狙ってくるようになったゾ。

気性の激しいナオンだぜ。


今日から江戸も3回目の緊急事態宣言です。飲食店のお得意さんも皆休業に入ってしまいまして、もう当店も痙攣を起こしてブっ倒れそうです、とかね。
こんな時こそ「考えるのはあとにして、まずは腹ごしらえを」と、四谷の『八竹』さんで鯖・鯵・小肌の黄身寿司を持ち帰りで。虫食いのある白高麗で良き佇まい。
これからとーぶんの間は江戸には行ってはいけません(ホントは今日からなのだが、お許しを)、お取り寄せの出来ぬ好物をあっちこっちで。

3分で食い終わる。




2021年4月25日日曜日

Cinnamomum sieboldii Jelly


原点は昭和40年頃の駄菓子屋の寒天ゼリィ菓子。
これってさ、いい大人が食すものではないから隠しておきたいけど、定期的にお取り寄せして愉しんでいるのも事実だし、ボクの幼少期の郷愁の味であり好物デザートなのだ。
気取って明治時代のKutani wareに。

以前も書いたけど、家族も豆助も誰も食わないのね。
「ニッキって、他人(ひと)の乾いた口臭と似ているから」らしく、要するに肉桂(ニッキ)の匂いに食指が動かないみたいです。これを食しながら話し掛けると「臭いよ」と嫌がられるもの。
とか言ってるけどさ、皆ニッキまみれな生八つ橋なら食うし、近縁種のシナモンなら違和感なしにアップルパイを食ってるんだよなぁ。

微量の色素は添加物だけど、肉桂が防腐剤の役目を果たし品質保持剤は要らないとか。(ホンマか?)