2021年9月12日日曜日

Tapa

料理って言えるほどの料理は作れませんが、母の3食の介護飯はボクが作ります。あと豆助の朝飯もだ。日々、器選びも調理も愉しいんだよね。旨いかどうかは分かりませんが、皆文句を言わずに食ってくれてます。今日の朝飯は母自身が粥を炊いたので、ボクはおかずを三皿ほどを運ぶ。
塩引き鮭と煎り馬鈴薯、オクラ・ジャコ・京揚げ・茗荷・葱の辛子醤油、酒まぶして焼いた大黒シメジにやまつ辻田(大阪)の山椒粉を。

ボクが作ると、どれもこれも酒肴みたいですねぇ。





2 件のコメント:

田舎者 さんのコメント...

なごり雪さま

おはようございます。見た目にも美しく器と一体感が溢れているこのような料理を肴にして
会話とお酒を楽しみたいものです。どれも旨そうなのですがやはり塩引き鮭かな?

そんなことはさておき、お母さまと豆ちゃんのご飯の支度を楽しんでいることを願っています。
田舎者には出来ることなない時間なのですから。そしてできる限り応援したいと思います。

なごり雪 さんのコメント...

田舎者さま
そーですね、誰の為ではなく自分が一番愉しんでいるようです。器と料理、奥深いですぜ。